クレジットカード比較の最近のブログ記事

クレジットカードは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、そして、最上級のブラクックカードとランク付けがされていて、サービス内容や特典内容も異なっています。

例えば、今では、一般の人でも所有しやすくなったゴールドカードと、その上にランクされるプラチナカードとでは、サービス面、特典面でかなりの差がつきますからね。

cardkarakuchi01.jpg

ただ、カード会社もプラチナカードの特典やサービス内容などについては、すべてを公開していませんし、利用条件などについても明確にしていないことが多いです。

中には、「カード会社からの招待状」が必要なプラチナカードもあるといいますし、当然ながら、審査の条件などは、かなり厳しいものとなっているようです。

プラチナカードの特典といえば、ホテルや高級レストラン、有名ゴルフ場などでVIP待遇を受けられる、24時間コンシェルジュサポートが得られるなどがありますが、中には珍しいサービスや特典もあるんですよ。

例えば、シティVISAプラチナカードでは、空港と自宅の間に送迎タクシーやヘリコプターを手配してくれるサービスや海外空港税関のファストトラックを利用できるといった特典があります。

また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、世界中に拠点をもつ「ハーツレンタカー」がお得に利用できたり、高級ヘアサロン「Ash」で特別優待が受けられるといったものもあるんです。

プラチナカードというのは、ショッピング向けのクレジットカードというより、会員向けの上質なサービスを展開してくれる権利を手に入れられるということが本当の価値、そして実力なんだと思います。

プラチナホルダーへの道は、確かに簡単ではありませんが、あの白金に耀くカードフェイスには、それに見合った価値、そして実力があるということです。

最近ですが、次々と制度の変更が行われ、利便性が高まっているnananco(ナナコ)。

nanacoポイントに移行できる提携先が増加しているので、3月からnanacoポイントから電子マネーへの交換手数料が廃止されました。

そして、一番注目すべきところは、チャージできるクレジットカードが増えたところではないでしょうか。だって、これまでは、セブンカードのみでしたからね。

cardkarakuchi.jpg

昨年の11月からは、JCBやセゾンのマークがついたものをはじめ、多くのカードが対象になりました。その上、中にはチャージでポイントがつくカードもあるから驚きです。

中でも、「漢方スタイルクラブのカード」は、nanacoのチャージでお得に!ポイントの利用期限はあるものの、還元率は、1.75?2%とかなり高いんですよ。

そして、イトーヨーカドーやセブンイレブンでは、nanaco決済で1%付与!チャージ決済と+すれば最大で3%になるんです。

それなのに、セブンカードが、nanancoにチャージしてもポイントがつかないのはどうしても納得いかないかも。セブンやヨーカドーでのカード決済が1.5%還元だとしても、ウ?ンって感じです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクレジットカード比較カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはアコムACマスターカードについてです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。